導入事例 Pick-upシリーズを導入した成功事例をご紹介します。

積算業務のデジタル化に踏み切ったA社様の場合

これまで長く建築業界で活躍してこられたA社様。デジタイザーなどを活用して図面からの拾い作業を行っておられましたが、この度完全デジタル化するにあたり、Pick-UPを導入されました。

導入前 導入後
拾い作業は、色塗りなどを手作業で行う必要があり、非効率的だった。 該当箇所をクリックするだけで色付けされるので、拾い作業の時間が大幅に短縮された。
作業の引継ぎには図面の詳細について説明が必要で、担当によって仕事の負担に偏りが出ていた。 図面の詳細は一目で分かるため、細かい説明が不要で引継ぎもスムーズになり、仕事の偏りが解消された。
一枚の図面が基本になっていて、作業内容によって分担することが難しかった。 同時に作業することが可能で、さらに後から簡単に同期できるようになった。
修正変更やチェック作業に時間がかかり、見落としによるミスもあった。 拾い作業の時点で見積もりデータが作成されるため、修正やチェックも容易でミスが減り、一人当たりの作業効率が大きく上がった。
お客様の声
既存のExcel帳票に合わせて見積もりデータを書き出せるよう、カスタマイズしてもらいました。これまでの帳票を変更することなく、運用にあたっても会社としての作業を停滞させることなくスムーズに導入できました。また、利用者側の意見を反映させたバージョンアップも頻繁に行われていて、業界の変化に合わせて進歩しているようです。建築の知識が豊富なためか、質問に対する回答も的確で分かりやすく、サポート体制にも満足しています。

自社の積算システムからPick-UPへ乗り換えたB社様の場合

独自開発した積算システムを利用されていたB社様は、自社開発におけるコストや社内外への対応を考慮した結果、Pick-UPを選択されました。

導入前 導入後
拾いは手作業で、時間がかかっていた。 マウスでクリックするだけで拾ってくれ、時間を短縮できるようになった。
色分けや数量確認に時間が取られていた。 拾い作業と同時に色分けされ、数量も自動的に加算して表示されるので、確認が容易になりミスも減った。
分担で作業することが難しく非効率だった。 運用ルールさえ決めれば分担して同時入力でき、作業効率が上がった。
アウトソーシングを活用できず、予算面だけでなく対応できる仕事量や内容にも限界があった。 拾い作業をアウトソーシングし、データを受け取って最終チェックするだけで見積もりデータを作成でき、短納期の対応が可能になり、処理できる仕事量も増えた。
お客様の声
他社のシステムと比較して、操作性の分かりやすさと対応の柔軟さからPick-UPを選びました。見積もり作業はボタン一つで一覧が作成され、入力ミスを防ぐことができるので時間短縮と効率化を図ることができています。
材料単価の変動に対応するため、見積もり作成後に原価データ一覧も作り、部署間で共有して査定できるようにカスタムしていただきました。関連部署における原価の査定が容易になったことも、社内積算業務の効率化のひとつだと考えています。当方の意見を聞いてくれる柔軟さがあるので、今後の開発・改良にも期待しています。

製品に関する詳しい情報や資料請求などはこちらよりお気軽にお問い合わせください!

  • お問い合わせはこちら

▲このページの先頭へ

成功するホームページ制作はこちら